研究業績

 2019年度


原著論文
No
1 Israr Ul Haq, Keisuke Fujii, and Yoshinobu Kawahara, "Dynamic mode decomposition via dictionary learning for foreground modeling in videos", in Proc. of the 15th Int'l Joint Conf. on Computer Vision, Imaging and Computer Graphics Theory and Applications (VISAPP'20), pp.476-483, 2020.
2 Keisuke Fujii, Naoya Takeishi, Motokazu Hojo, Yuki Inaba, and Yoshinobu Kawahara, "Physically-interpretable classification of network dynamics in complex collective motions", Scientific Reports, Vol.10, Article Number 3005, 2020.
3 Yuzuru Kato, Naoki Yamamoto, and Hiroya Nakao, “Semiclassical phase reduction theory for quantum synchronization”, Physical Review Research 1, 033012, 2019.
4 Yuzuru Kato and Hiroya Nakao, "Semiclassical optimization of entrainment stability and phase coherence in weakly forced quantum limit-cycle oscillators", Physical Review E 101, 012210, 2020.
5 Shingo Gibo and Gen Kurosawa, "Theoretical study on the regulation of circadian rhythms by RNA methylation", Journal of Theoretical Biology, Vol. 490, 110140, 2020.

その他著作物
No
1 Shirasaka S., Kurebayashi W., Nakao H. "Phase-Amplitude Reduction of Limit Cycling Systems". In: Mauroy A., Mezić I., Susuki Y. (eds) The Koopman Operator in Systems and Control. Lecture Notes in Control and Information Sciences, vol 484. Springer, doi:10.1007/978-3-030-35713-9_15 (2020).

招待講演
No
1 Yoshinobu Kawahara, Data-driven Analysis of Dynamical Systems: An Operator-theoretic Approach, 2019 International Joint Conference on AI and Data Science: Mathematics and Applications, Suwon Convention Center, Suwon, Korea, 2019/11/4
2 河原吉伸, 非線形力学系の作用素論的データ解析:クープマン解析、動的モード分解の基礎から最近の話題まで, RIMS共同研究 (公開型) 諸科学分野を結ぶ基礎学問としての数値解析学の研究集会, 京都大学, 2019/11/7.
3 河原吉伸, 動的モード分解の最近の発展と応用の広がり, 第36回 プラズマ・核融合学会 年会, 中部大学, 2019/11/29.
4 中尾裕也, ネットワーク結合力学系の集団振動:同期と最適化, 明治大学先端数理科学インスティテュート「現象数理学研究拠点」共同研究集会「生命振動現象の理解を深めるモデリングとネットワーク解析」, 明治大学中野キャンパス, 2019/11/16.
5 黒澤元, 数理でせまる生物の時間の謎, 生物リズム若手研究者の集い, 九州大学, 2019/12/8.

口頭発表
No
1 河原吉伸, データ駆動によるダイナミクス解析と機械学習, 第24回情報・統計科学シンポジウム, 九州大学, 2019/12/6.
2 Yuzuru Kato, Hiroya Nakao, Optimal Waveform for Fast Entrainment of Weakly Forced Quantum Nonlinear Dissipative Oscillators, 2019 IEEE 58th Conference on Decision and Control (CDC), Palais des Congrès et des Expositions Nice Acropolis, Nice, France, December 11-13, 2019.
3 山口克徳, 中尾裕也, 集団振動するネットワーク結合力学系の相互同期特性のスパース最適化, 日本物理学会第75回年次大会 (注:新コロナウイルスのため実際には開催されないが、発表は成立とみなす), 名古屋大学, 2020/3/16-19.
4 加藤譲, 中尾裕也, 量子散逸系におけるコヒーレンス共鳴現象, 日本物理学会第75回年次大会(注:新コロナウイルスのため実際には開催されないが、発表は成立とみなす), 名古屋大学, 2020/3/16-19.
5 高田翔平, 加藤譲, 中尾裕也, 振幅フィードバック法及び振幅ペナルティ法に 基づく注入同期の安定化, 日本物理学会第75回年次大会(注:新コロナウイルスのため実際には開催されないが、発表は成立とみなす), 名古屋大学, 2020/3/16-19.
6 Isao Ishikawa, On the boundedness of composition operators on reproducing kernel Hilbert spaces with analytic positive definte functions, CMS Winter meeting, Chelsea Hotel, 2019/12/8.
7 石川勲, Metrics on nonlinear dynamical systems via operator-valued reproducing kernel Hilbert spaces, 情報系Winter Festa, 学術総合センター, 2019/12/25.
8 池田正弘, 田中智之,若狭恭平, Global well-posedness for the wave equation with a time-dependent scale invariant damping and a cubic convolution, 日本数学会2020年度年会, 日本大学, 2020/3/18
9 浜野大, 池田正弘, ポテンシャル項を持つ非線形シュレディンガー方程式の定常問題について, 日本数学会2020年度年会, 日本大学, 2020/3/18.

ポスター発表
No
1 藤井慶輔, 武石直也, 河原吉伸, 観測量間の動的構造を抽出するグラフ動的モード分解と集団スポーツデータへの応用, 第22回情報論的学習理論ワークショップ, ウインクあいち, 2019/11/20.
2 橋本悠香, 石川勲, 池田正弘, 松尾洋一, 河原吉伸, ノイズ付き非線形力学系のためのKrylov部分空間法, 第23回情報論的学習理論ワークショップ, ウインクあいち, 2019/11/21.
3 石川勲, 田中章詞, 池田正弘, 河原吉伸, ランダム力学系の距離について, 第25回情報論的学習理論ワークショップ, ウインクあいち, 2019/11/20.
4 谷口晃一, 池田正弘, 園田翔, 大野健太, 鈴木大慈, ReLU深層ニューラルネットワークの一般化されたBesov空間での関数近似能力について, 第26回情報論的学習理論ワークショップ, ウインクあいち, 2019/11/20.